Monthly Archives : 2013/04

スポンサーサイト - --/--/--(--)
パラグアイにおける神様と真の父母様の勝利ニュース - 2013/04/26(Fri)
パラグアイに祝福家庭知事誕生パラグアイで偉大な歩みが始まった                                      2013年4月21日、パラグアイは同時に行なわれた大統領選挙と知事選と国会議員の総選挙でリリアン・サマニエゴ女性党首が率いるコロラド党が大勝を収め、政権交代を成し遂げた。コロラド党のカルテス大統領当選者は、約10%という大差で圧勝した。コロラド党は、45人を選出する連邦上院議...
PKはなぜ自白して退陣を決断しないのか - 2013/04/24(Wed)
PKはなぜ決断できないのか?PKは罪が多い。それはー第一に、真の父母様に40年以上仕えながら、真の父母様(摂理の王室)の家庭と真の家庭に対する何でもないことから一大事に至るまで、保護することが特別補佐官(宦官)の使命であるのに、それを外部の人々と共有しながら、どんどん膨らませて摂理を破壊する恐ろしい罪がある。第二に、真の父母様に侍る最側近として、摂理機関の理事や その他の機関に所属していながら不正をして...
へリコプター墜落事件の捏造 - 2013/04/23(Tue)
へリコプター墜落事件の捏造   真の父母様の安否を第一に考えなければならない金0律補佐官は、ヘリ機事故の際に真の父母様を置いて先に避難した。彼と同じ全羅南道長興を故郷とする、「奇跡の生還」ドキュメンタリービデオを制作した金0ビョン氏は、この事実を隠した。まるで真の父母様とお孫様達を先に救出したかのようにビデオでは説明しているが、実際はそうではなかった。韓国社会では故郷が同じということは、このように危...
「文鮮明死後揺れ動く統一教」 - 2013/04/23(Tue)
新東亜5月号に「文鮮明死後揺れ動く統一教」と題する記事が出された。1月20日の訴訟停止というお母様の指示をないがしろにする現統一教会指導部、たとえ巧妙な説明で教会員の目はごまかせたとしても、世間の目をごまかすことはできない。 皮肉なことに、お母様を始めとする真の家庭が危機的状況に置かれていることは、お母様の家族であるはずの食口達には見抜けず、かえって外の世間のほうがよく理解しているようだ。食口達よ、目...
不要な訴訟を停止させるための統一教会員による請願 - 2013/04/21(Sun)
ターゲット:FFWPUインターナショナル、UPF、日本統一教会、朱東文氏、ピーター•キム氏主催者:ジョン•テリオ 現在進行中である訴訟には勝者はありません。統一運動全体の霊的中心である韓鶴子博士は、訴訟停止を呼びかけておられます。ですから、博士とともに立ち上がり、これらの訴訟を推進している指導者達に対し、我々の懸念を表明しましょう。訴訟を直ちに停止させましょう! 7月4日が、この請願キャンペーンの終了日に設定さ...
統一グループ平和自動車 事業者取り消し - 2013/04/13(Sat)
東亜日報の報道 統一グループ平和自動車、事業者取り消し申請今日、東亜日報は、去る2012年11月、統一グループの統一省における平和自動車事業の承認取り消し申請が完了し、平和自動車は廃業したと報道した。朴相権社長は、新しいビジネスを模索中という内容も共に掲載された。 一体何が起こっているのか、食口は知る必要がないのだろうか。真のお父様が生きていらっしゃったとしても、そうしただろうか。食口たちは、いったい何...
中央日報に顯進様のインタビュー記事 - 2013/04/07(Sun)
「南北問題、政治・外交だけでは解決できない…民間トラックがより効果的」 去る26日、文顯進GPF財団世界議長が米国シアトルのあるホテルで統一運動に対する説明をした。[写真GPF財団] 米国コロンビア大学歴史学科卒業(1995年)の履歴は、光を放った。二時間半のインタビューの中で、彼は、東洋と西洋の歴史と哲学思想を述べた。 5000年前、檀君が説いた弘益人間の理念は、230余年前、アメリカ独立宣言で示された自由•人権の意...
王子の乱はなかった - 2013/04/03(Wed)
世間に王子の乱として浮上した統一教事件は、最初から王子の乱も、親子間の葛藤もなかった。どんな葛藤であろうと葛藤は表に現われている現象である。今、葛藤の原因と本質が真のお父様の聖和以後、急激にあらわれている。最近というインターネット新聞で、統一教財団が文國進理事長の解任とは関係なく、汝矣島訴訟を最高裁判決まで強行するという立場を発表したと報じた。それも同じ記者が二度にわたって報道したことを見ると、朴...
「訴訟は継続する」-世間に真のお母様の威信を限りなく失墜させる統一教財団 - 2013/04/03(Wed)
去る1月20日の真のお母様のみ言「国内外で不必要な訴訟を行っているすべての者は悔い改めなさいと言いたいのです」統一教財団は、このみ言を「訴訟を全般的に整理しなさい」という意味であると捉え、汝矣島パークワン訴訟を最高裁判決まで継続するというマネートゥデイ(インターネット新聞)の記事を見た。統一教財団は果たして、真のお母様の威信をどれ程破壊しようというのだろうか。世界日報の新聞にまで記事を載せて、和解と平和...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。