Monthly Archives : 2013/12

スポンサーサイト - --/--/--(--)
[現場取材] マレーシアGPC 月刊朝鮮1月号 - 2013/12/25(Wed)
[現場取材]グローバル・ピース・コンベンション(Global Peace Convention)マレーシア2013 マレーシアのクアラルンプールで開かれたGPC マレーシア 2013で文顯進GPF議長の演説「世界平和の為の唯一の解決策は、宗教を超越して調和を図ることだけ」⊙ 「世界中の紛争や内戦の原因は、宗教や現在のUNなどの国際機関では解決できない」(文顯進GPF議長)⊙冷戦時代の理念中心の体制であるUNに既存の理事会に代わる超宗教理事会の設立を提案⊙文...
UCI訴訟 「原告が提起した訴訟は棄却と共に、再訴訟が不可能であることを命じる」 - 2013/12/24(Tue)
- UCI訴訟棄却命令関連-愛する食口の皆様これまでUCI訴訟に関して、多くの懸念と共に円満な解決を祈って来られたことと思います。食口の皆様の目に見えない精誠に対して心からこうべを垂れ、感謝申し上げます。今後もUCI訴訟はもちろん、過去数年間、統一家の内外で起こっている苦痛を伴う摂理的な状況がすべて解決されるまで、継続的な精誠をお願い致します。さらに、神様の摂理と真の父母様のレガシー(遺業と伝統)を守っていく為...
真のお父様が直接手掛けられた「天国の憲法草案」を廃棄したままで、現教会指導部が推進している天一国憲法の制定を中断せよ! - 2013/12/20(Fri)
真のお父様が直接手掛けられた「天国の憲法草案」を廃棄したままで、現教会指導部が推進している天一国憲法の制定を中断せよ!真のお父様が天国の憲法の根として制定なさった天聖経、平和神経、家庭盟誓を始めとした八大教材教本を毀損して、真のお父様が直接に下線まで引かれながら準備しておかれた天国の憲法草案さえ廃棄した人々が推進する天一国憲法の制定は中断されなければなりません。万が一、このような天宙史的な蛮行に対...
天一国憲法を口実にした統一教の教会憲法の意図と体制批判 - 2013/12/17(Tue)
1. 2008年12月30日に奉呈され、真のお父様が手ずから修正し完成した天一国憲法の行方真のお父様が「天一国憲法」制定を最初に指示されたのは、52ヵ国から3万5千名余りが参加した中で 2005年4月27日から5月1日まで麗水で開かれた大会[1]の開会式が終わった直後であった[2]。行事が終わった直後、真のお父様は郭錠煥会長に天一国憲法を持って来るよう指示されたが、しかしそれ以前に天一国憲法の制定を指示されたことがなかったため...
八大教材教本を毀損した人々が天一国憲法を制定することができるのか? - 2013/12/15(Sun)
1. 天国憲法の草案は真のお父様だけが作成できる天国の憲法草案を誰が着手すべきなのか天国の憲法草案を誰が着手すべきかと言うなら、先ず第一に神様はできません。草案に着手できたならば、エデンの園でアダムとエバを堕落させなかったでしょう。それはそのとおりです。誰がすべきかと言うと、レバレンド・ムーンがしなければなりません。(538-170, 2006.9.14)天国の憲法を誰が制定するとは言えません。神様ご自身もこうだああだ...
摂理史とみ言から見た統一教憲法の主要な問題点 - 2013/12/09(Mon)
摂理史とみ言から見た統一教憲法の主要な問題点天一国憲法はこちら天一国最高委員会運営に関する法律はこちら序文最近神聖なる「天一国憲法」の名義を僭称した統一教の教会憲法が拙速に制定され、その頒布・施行が強行されようとしている。その体制と内容の水準が実に稚拙にして悪質であるため、未来の摂理史の命運が風前の灯火の危機的状況に置かれている。これに従い本統一教憲法の制定経緯とその構成体制を明らかにし、その条文...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。