上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へリコプター墜落事件の捏造  

真の父母様の安否を第一に考えなければならない金0律補佐官は、ヘリ機事故の際に真の父母様を置いて先に避難した。彼と同じ全羅南道長興を故郷とする、「奇跡の生還」ドキュメンタリービデオを制作した金0ビョン氏は、この事実を隠した。
まるで真の父母様とお孫様達を先に救出したかのようにビデオでは説明しているが、実際はそうではなかった。韓国社会では故郷が同じということは、このように危機的状況を克服してくれる便宜的手段である。
生命が緊急な状況では、仕方ない選択に対して審判するつもりはない。
人間は誰もがこのような判断をする可能性がある。それが人間である。
しかし、最近この人が真の家庭を台無しにする姿を見て、ヘリコプター事故の時、自分が生きるために生涯仕えていた師匠を捨てて、あの幼いお孫様を踏み越えていった場面が浮かび上がる。
良心が麻痺した人間に権力が与えられた時、それを承諾する集団は破滅の道を行くしかないという事実である。新東亜の記事を読みながら心が詰まる気がした。

http://cafe.daum.net/W-CARPKorea/cSkJ/20733
関連記事
スポンサーサイト

Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトへリコプター墜落事件の捏造

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。