上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真のお父様のみ言「天聖経、平和神経、家庭盟誓は、天の憲法、聖書である。
付け加えてはいけない!手を触れてはいけない!天の審判を恐れなさい!」


皆さんが教会を作って国を救うことができる責任者になるためには、原理を中心として“天聖経”の内容を知らなくてはなりません。“天聖経”の中枢が“平和神経”であり、“平和神経”と“天聖経”を中心に家庭盟誓が出てきたことを知らなければならない。(601-254、2008.11.8、天正宮、新文明開闢時代と機関車の使命)

私達は、祖国光復がどのようにされるのかを知らなければならない。知るためには、ここから始めなければならない。宇宙の構成から知らなければならない。“平和神経”ですが、これが憲法の初案です。“天聖経”があり、その次に憲法の初案があって、家庭盟誓が出てくるのです。家庭盟誓を中心として、天の国と地上の国が一つにならなければならないのです。今まで真の父母が成し遂げた天国の“天聖経”と地上の憲法を中心として、家庭盟誓がなかったのです。個人盟誓ではなく家庭盟誓です。その誓いとは、絶対性の下でされるのではなく、絶対性の上でされるのです。(601-275、2008.11.10、天正宮、摂理史の新たな出発と道理の世界)

「訓読会‘天一国主人の生活’編すべてが終わりました」すべて終わりましたか?「次に新しい編が始まります」新しい編は何ですか?「真の家庭と家庭盟誓編です」家庭盟誓、その誓いの文は皆知っているでしょう?誓いの文が出てくる? 「‘家庭盟誓が出るようになった背景’‘家庭盟誓の各セクションの解説’…」7時10分前ですね。7時までには終わらせようというのです。

聞けば、抜いて解釈する人がいないのです。これが録音されているため、先生が“天聖経”を中心として、何を意味するのかを解説してあげるのです。それを聞かない人は、勉強をしなければなりません。試験を受けるのです。統一教会における試験があれば、これが重要な課題、法となります。法。憲法と同じでならなければなりません。知らなければなりません。

ここの責任者達は分かりますか?そこ、一度読んでみましたか?これが五回目です。何ページ残ってる? 200ページもないでしょう?「160ページ残りました。」三日目までに終わります。今日は何日ですか?26日だから11月中に全部終えますが、5回これを繰り返しました。
それでも先生は眠くなったりしません。もう一つ…さっき‘権限’を‘困難’と言いました。 「私の発音が…」そんなことは直ぐに分かります。ですから、これから誰が触れてどうこうすることはできず、世界のノーベル賞を百回受けた者であっても、これを是正することができません。私が霊界に行く前に、これをして行かなければなりません。
5回読めば…ですよ、そこに付け加えたり、触れてはいけない! 黄善祚、分かりますか?「はい」あなたは、編纂委員会の総帥ですから歴史的行事のすべての記録をすべて暗記したとしても、それを是正する権限はない。先生がこれを見つけて解明するまで、それをそのままにしておくことに意味があるのです。(477-187、2004.11.26)

“天聖経”と“平和神経”は、皆さんが行かなければならない道です。真の父母が進むべき道ではありません。ここから取り除くものはありません。このごとくに生きなければなりません。(595-218、2008.8.10、天正宮、怖くて恐ろしい信仰の道)

このアホ!‘アホ’とは何ですか?見て、また千回治めなければなりません。抜け出さなければならないということです。どうしようもありません。先生がそのような内容で“天聖経”や“平和神経”を語りました。先生の私的な感情は一つも入っていません。
そのため、他の言葉を混ぜてはならないというのです。糞といえば糞といい、拳なら拳と書いておきなさいというのです。それは先生が解いてあげるのです。‘オォ、最も尊いものなので下手に触れない’このような言葉で成り立っているのです。極めて簡単です。(596-57、2008.8.17、天正宮、希望の光)

だから、エデンの園で堕落していない16歳や17歳のときに、従順と純潔をもって絶対にきれいなまま原則を守らなければならないのです。絶対性を中心とした家庭編成が“天聖経”と“平和神経”の真髄なのです。(596-138、2008.8.26、天正宮、1つの核と統一の基盤)

皆さんは、その道まで遠いのです。先生が認めなければ、神様も超えることができません。ですから、認めるために最後に残していく遺言です。遺言書です。“平和神経”と “天聖経”、天の秘密と地の秘密の両方を合わせて、皆さんにできることは絶対性です。絶対性を守らなければなりません。(596-143、2008.8.26、天正宮、1つの核と統一の基盤)

女性を立てて、本然のエデンの園に帰るのです。エバがその世界において失敗したので、女性がこれを再び収拾して、赤ちゃんを産む、生みの苦しみを体験せずには帰る道がないのです。 (朗読を続けられる)
“天聖経”と“平和神経”を中心として、千年万年、新しい天国がすべて成されるまで、その教本を通って行かなければなりません。(596-171、2008.8.27 正午、天正宮、真の父母様実体復活40日の勝利を祝う記念昼食会の時のみ言の中から)

この“天聖経”がどれだけ尊いかを知らなければなりません。“天聖経”先生のみ言があってもなくても、本棚の上に埃がたまっても‘私と何の関係があるのか?’というと、その道において死亡です。(597-54、2008.9.5、天情苑、神様の欲望も満たすことができる王子となれ)

今、すべて終わりました。なぜ?絶対性を完全に教えました。絶対性を教えたのが“天聖経”です。“天聖経”を好まない人は、絶対性に絶対に到達できないのです。昼に夜に、そこに埋もれて生きなければなりません。どこに行っても、何を達成したのか、次に何をしなければならないのか、気にしなければなりません。(597-61、2008.9.5、天情苑、神様の欲望も満たすことのできる王子となれ)

原理のみ言は“原理解説”“原理講論”原理本体論です。神様の説明は、統一教会にしかありません。そのように生きなければなりません。それは誓いの文に現れ“平和訓経”が“平和神経”にならなければならず、その次は“天聖経”です。天の教訓です。千年万年、これの訓読会をするのです。真の父母様のみ言は、霊界に行ってしなければならない事を地上でしていかなければならないのです。(597-153、2008.9.8、天情苑、三対象目的と四位基台)

私が行く前に、この本のすべてを主人の位置で作りました。“平和神経”“天聖経”“家庭盟誓”を作って、私が来てこのような事もして、先祖の遺言が“私はこのようになった。祖先の基準を完成させて、これをすべて成しました”そうならなければなりません。これからは、いつ去っても“世の中よ、さらば!”と去らなければなりません。皆さんに教えることはすべて語りました。(601-158、2008.11.7、天正宮、絶対性と血筋の重要性)

歴史と共に人々が発表した本を中心として、何ですか?文総裁の“天聖経”とか家庭盟誓の前に行けば、霊界で知ったならば、自分たちが審判されるので、火で焼かれるというのです。時が終わる前に、火で燃やしてしまえというのです。ある博物館やある図書館にあるので、早く焼いて文総裁の“天聖経”を読んでみなさいというのです。“天聖経”は、天の聖書ではないですか?天国の聖書。(601-284、2008.11.10、摂理史の新たな出発と道理の世界)

“天聖経”は、天の国の聖書です。“平和神経”は、天の国の憲法です。地上の聖書であると同時に、天の国の聖書であり、天の憲法であると同時に地上の憲法です。すべて成るのです。(601-308、2008.11.10、摂理史の新たな出発と道理の世界)
関連記事
スポンサーサイト

Related Posts

Thoughts on スポンサーサイト真のお父様のみ言「天聖経、平和神経、家庭盟誓は、天の憲法、聖書である。付け加えてはいけない!手を触れてはいけない!天の審判を恐れなさい!」

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。