上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天聖経は、人類のための遺言


それができないので、神様の最後の力を行使して先生を救ったなんて、ありがたいことです。解放、釈放の新しい天地に神様に侍る主人として全人類が65億の人類が一つの血族として天に侍る忠孝を尽くさなければならないのです。解放、釈放、神様と同居し共に楽しむことができる相続者、本郷の地をもつことができる故郷の人とならなければならないということを知らなければなりません。
皆さんは、その道まで遠いです。先生が認めなければ、神様も超えることができません。ですから認めるにあたり最後に残して逝く遺言です。遺言書です。『平和神経』と『天聖経』天の秘密と地の秘密の両方を合わせて、自分たちにできることは、絶対性です。絶対性を守らなければならなりません。

(文鮮明先生御言選集596巻143ページ、偽本 142ページ、2008年8月26日、天正宮、題:一つの核と統一の基盤)


私が逝く前に、この本をすべて主人の立場で作りました。『平和神経』『天聖経』『家庭盟誓』を作成して、私が来て、このような事もして、先祖の遺言が“私はこのようになりましたが、祖先の基準を完成させて、これをすべて成しました”そうでなければなりません。今、いつ去ったとしても“世の中よ、さらば!”と逝くのです。皆さんに教えることはすべて語りました。

(文鮮明先生御言選集601巻158ページ、偽本192ページ、2008年11月7日、天正宮、題:絶対性と血統の重要性)


2012年中頃、み言選集594巻-615巻の22巻が回収された。回収された22冊のみ言選集は、真のお父様の裁可も受けず削除され、編集され、2013年初旬に再配布された。真のお父様の裁可なしに無断で削除、編集されたみ言選集を偽本と表示した。巻 - ページの表示前に何の表記もないものは真本み言選集を指す。




人類のための遺言

皆さん!
真の父母様は、すでに人類のための遺言を準備し残しました。一生に六、七回も生死を彷徨う獄苦に耐えながら勝利して準備した遺言です。永遠なる人類の教材-教本として八種類の本を残しました。巻数で言えば、1千冊を超える分量です。‘文鮮明先生御言選集’‘原理講論’ ‘天聖経’‘家庭盟誓’‘平和神経’‘天国を開く門真の家庭’‘平和の主人血統の主人’‘世界経典’これら八種類の書籍です。この教本は、皆さんが霊界に入っても読んで勉強しなければならない本です。決して人間の頭脳から出てきた言葉や教えではありません。天が可哀そうな人間を救うために与えてくださった天道を教える教材、教本だからです。

(韓半島の統一と世界平和のための天地人真の父母国民支持大会、特別講演文、2012.1.8-15、天地人真の父母定着実体み言宣言天宙大会)




関連記事
スポンサーサイト

Related Posts

Thoughts on スポンサーサイト天聖経は、人類のための遺言

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。