上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭連合汎牧会者協議会声明文


2013年4月30日、家庭連合牧会者協議会発足声明文を発表した後、2013年5月15日、5月31日、6月14日に会合を開き、志をひとつにしました。開拓、前職、現職の牧会者を含む拡大された意味で“家庭連合汎牧会者協議会”と名称を変更することにしました。今のこの時、摂理史において非常に重要な運命の分岐点です。危機的な現統一家の内部の事態に対する責任を痛感しつつ、根本的解決のために良心ある牧会者が立ち上がり、率先して正義の行動を実践することを約束し、私達は次のように訴えます。

統一家は、破壊された神様のみ旨と摂理を正しく立てなければならない。

真のお父様は生涯を通して、神様のみ旨と摂理をこの地上に実現する為、最善を尽くされました。私達の先輩、同僚たちも、その崇高な志に侍って生きて来ました。このみ旨は、これからも私達の後輩と子孫が必ず継承し、成し遂げなければならない宿命でもあります。しかし、残念なことに、今日の統一家の指導部は、神様のみ旨と摂理に正しく侍ることが出来ず、摂理に逆行するという愚を犯して来ました。そして、私達が軽蔑して来たただ信じるだけの信仰文化までもが教会内に深く根を下ろし、食口を正しく教育し、指導しなければならない牧会者さえ、現実に妥協した生活をしています。ここに私達は、今からでも神様のみ旨と摂理に対する責任心情と主人意識を正しくたてることに、良心ある牧会者が先頭に立つことを要求します。

真の父母様と真の家庭の失墜した道徳的権威を正しく立てなければなりません。

教会指導部は、自分たちの非原理的な動機と目的のために起こした統一家内部の対立、特に訴訟に真の父母様までも巻き込み、結果的に最も守らなければならない真の父母様と真の家庭の道徳的地位と権威を、最も悲惨な立場へと墜落させてしまいました。
真の父母様が一生を通して、血と汗と涙で作り上げた真の愛の偉大な業績と霊的権威が、教会指導部の誤った判断と選択により、一瞬にして崩れたのです。真の父母様と真の家庭の基盤が再び回復されずしては、摂理は一歩たりとも前進できないことを私達は知らなければなりません。一部では、祝福家庭もしくは弟子たちが真の父母様を信じさえすれば、真の家庭がなくても摂理が発展し、み旨を完成させることができると主張しますが、それは原理的にとても間違った神様のみ旨と摂理を軽視する高慢から始まった考えです。そのため、私達は、神様のみ旨と摂理を正すために、いかなる犠牲を払ってでもすべてに優先して、真の父母様と真の家庭の崩壊した基台を立て直すことに全力をつくさなければなりません。

真のお父様が天一国の経典、憲法、最後の遺言として制定された原本天聖経、平和神経、家庭盟誓を中心とした8大教材教本を必ず守らなければなりません。

真のお父様が生前、天一国の経典、憲法、最後の遺言として制定された天聖経、平和神経、家庭盟誓を中心とした8大教材教本を無視して、天一国の経典を新たに制定するという深刻な事態が起こりました。さらに、教会指導部は“文鮮明先生御言選集”を再収集し、自分達にとって不利であると判断される内容を削除した後、再発行するという想像を絶する事まで犯しました。真のお父様が制定された8大教材教本に絶対に手を触れてはならず、み言の原文を原型のまま保存しなければならないという真のお父様の厳重な警告、遺言を、真のお父様が聖和されて間もなく、このように無視し、真のお母様を盾として一方的に推進している指導者の行動を、牧会者は決して黙認してはなりません。特に、日本統一教会指導部は、新たに作成された本を利用して、日本の食口から過度な献金を集めようとする計画を公的に推進していますが、お金を目的としたみ言の販売行為は、歴史的な審判を避けることができません。
そのため牧会者は、真のお父様が制定された原本天聖経、平和神経など8大教材教本と“文鮮明先生御言選集”が本来あるべき姿に直ちに復元されることに死力を尽くし、現教権の専横を防がなければなりません。

祝福中心家庭の価値と資格を再び取り戻さなければなりません。

現在、ほとんどの食口は、真の家庭と統一家が直面した絶体絶命の危機状況に対して無関心であり、傍観して来ました。教会指導部の方針に盲目的に従ってきました。これは、統一家の内部において、腐敗したリーダーシップが容易に力を得ることとなり、最終的に、統一家全体が病の温床となっています。もしも統一家の祝福家庭に、み旨に対する情熱と確固たる原理的基準を持って不義に対して堂々と立ち向かうことができる良心ある自覚と勇気があったならば、絶対に今日のような状況は起こらなかったことでしょう。そのため、私達は祝福中心家庭が再び本来の健全なる資格を備え、天一国の主人として立ち上がれるよう協力し、助け合うべきです。


家庭連合汎牧会者協議会
Family Federation Ministers Council

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Related Posts

Thoughts on スポンサーサイト家庭連合汎牧会者協議会声明文

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。