上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【編集者注:<摂理とみ旨を愛し、守ろうとうする祝福家庭一同>という名前で食口たちに発表された声明書の一部を抜粋】

1. 真の愛と生命のメッセージに目を開いてください

2011.07.01

愛する祝福家庭の皆様、

私たちは統一家と神様の摂理が混乱と跛行を重ねている状況を、皆さんと共に悩み、力を合わせて乗り越えていこうという心から、再びペンを取りました。

汗は地のために、涙は人類のために、血は天のために流しながら、天の父の心情と事情とみ旨に徹して生きてきた祝福家庭の精神はどこに行ったのでしょうか。神様の解放を叫んだ統一家の心意気はどこに行きましたか。真の父母様の血と肉でつくりあげた真の愛の文化は、どこに行ったのでしょうか。祝福家庭の間に、そして真の家庭の中においてすら、冷たい不信の壁は超えることができない山を成し、感情の深い谷は渡ることのできない川をつくってしまいました。これが摂理の現実です。私たちの骨身に染みる失策で、真の家庭が失足し、祝福家庭が倒れ、摂理が逆行している絶体絶命の瞬間、私たちは祝福家庭として、二世として、公的指導者として、果たして何をしているのですか?

「顯進に血を流させてはいけない!」

最近、ある心無い指導者が、真の父母様の前でご自身の息子を讒訴する時、お父様が語られたみ言です。絶叫に近いこの訴えが、私たちの胸を打ちます。兄弟たちと食口たちが、この息子を宣布文という足かせにはめて、異端児、横道者、サタンの烙印を押したけれども、父の真意は彼らとはあまりにも異なったので、私たちの胸は引き裂かれるように痛みます。

愛する食口の皆様、

皆が失敗者の立場になり、摂理歴史の裏道に消え去るかもしれない状況において、私たちはどのようにすれば言葉でなく行動でこの難局をかきわけて、摂理を救うことができるでしょうか。その知恵と答えは、まさに私たちの中にあります。

み旨の道に入門して、世の中の非難に屈することなく、「自ら」彼らに向かって真っ直ぐに立ち上がって叫んだように、牽強附会(自分たちの都合のよいように無理に理屈をこじつけること)する者たちの一時的な言葉に惑わされて沈黙するのではなく、生涯を通して教示してこられた真の父母様のみ言と伝統、そして自己の良心と信仰に根ざして、再び正しい摂理意識と真の愛の精神で決起しなければなりません。

「皆さんは何をしているのですか?」

「真の孝子の道は何ですか?」

3年ぶりに食口たちを訪ねてきて、血を吐く心情で訴えられた顯進様のメッセージです。

この時代に訪ねてきた摂理的艱難には、必ず神様の深いみ旨があるはずです。どうか霊魂の目でお父様のことを読み、真の愛と生命の義なるメッセージに目を開いてください。


ピラト



2. 真の父母様宣布文実行世界祝福家庭食口決意大会に関する立場

2011.7.1



愛する祝福家庭の皆様!

統一怪我指導者たちの偽善と非原理的な行為によって、真の父母様の90年の生涯の業績と基盤が根こそぎ消えることもあり得る危機に置かれるようになりました。彼らは虚偽の報告で真の父母様を欺瞞し、宣布文を受け取り、世の中にまで公開して真の父母様の威信と名誉を墜落させる罪悪を犯してしまいました。このような状況において、私たち食口が継続して沈黙するならば、神様の6千年の復帰摂理を壊すことを幇助し、同調した、天宙史的な過ちを犯すようになるのです。

今回7月4日(月)午後2時に、天福宮で実施する予定であった「真の父母様宣布文実行世界祝福家庭食口決意大会」は、摂理の結実である真の家庭を破綻させ、統一家を治癒し難い分裂の道に追いやる反摂理的な行事であり、これに対する私たちの立場を次のように明らかにします。

第一に、今回の大会は真実に立脚していない行事です。これまで協会と財団は、真の父母様に真実を報告せず、食口たちにお父様の真意を正しく伝達しませんでした。彼らは現在、統一家で起こっている事件に対して真実を土台として疎通せずにいます。むしろ、一方的に情報を遮断し、歪曲した主張で真の父母様の目と耳を塞ぎ、食口たちを誤導してきました。

第二に、今回の大会は非原理的な行事です。カインの立場である祝福家庭が、アベルの立場である真の家庭を人民裁判のように公開批判することも問題ですが、さらに深刻なことは、真の父母様の名前で真の子女様を審判する行事であるためです。これは決して真の父母様の本当のみ意ではなく、むしろ、そのみ意に逆らう行為です。これは真の父母様の周辺の指導者たちが、真の父母様を軽視し、甚だしくは真の父母様まで活用して自分たちのもくろみを貫徹させようとする誤った動機を見せてくれる明確な証拠です。

第三に、今回の大会は真の父母様の平和思想の核心である真の愛の文化と価値を否定し、破壊する行為です。今日、病んだ統一家を治癒することができる唯一の道は、許しと愛の精神にあります。にも関わらず、このような集会を強行して世界的に拡散していくならば、結局、統一家は審判と憎悪の亡霊が支配することになるでしょう。

第四に、今回の大会は2013年の基元節に向かって出ていかれる真の父母様の摂理に、完全に逆行する行事です。万一、協会と財団の現指導部が、この行事だけではなく、無理な訴訟濫発、強圧的なビデオ撮影、真の父母様のお写真誤用等のように、継続的に教権掌握にのみ執着して、神様の摂理に逆行する行為を繰り返すならば、私たちの手に負えない、より大きな試練が統一家の前に迫ってくることでしょう。

祝福家庭の皆様、

マルチン・ルーサー・キング牧師は、監獄で同僚の黒人牧師たちに送った手紙で、沈黙する者は自分を逼迫する白人よりももっと悪い人たちだと批判し、彼らの勇気ある行動を促しました。ある意味では、この時代に摂理の道を防いでいる群れは、沈黙している私たちであるのかもしれません。

資料集より

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Related Posts

Thoughts on スポンサーサイト正しい摂理意識と真の愛の精神で決起しろ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。